日语学习网 日语基础 日语导读学习报告 学习委员日语怎么写

日语导读学习报告 学习委员日语怎么写

文章目录 一、日语导读学习报告最佳答案 二、日语导读学习报告相关答案 三、日语导读学习报告类似问题 关于日语导读学习报告最佳答案 1.日本语の学习方法 私は日本语を勉强す…


关于日语导读学习报告最佳答案


日语导读学习报告


1.日本语の学习方法 私は日本语を勉强するときに、いくつかの方法を使っています。まずは、朗読です。毎日5遍も教科书を読みます。次は、単语记忆です。たくさんの単语がありますが、覚えるために、その単语の性质と使い方をわからなければなりません。最后は、教科书本文を覚えることです。本文を覚えてはじめて使いこなすようになります。これらは私の学习方法です。日语的学习方法 我学习日语时,使用几个方法.首先是朗读.每天朗读5遍课文.其次是背单词.单词很多,在记忆的时候需要记住词性和用法.最后,是背课文.只有背了课文才能更好的使用日语.这些就是我的学习方法.


关于日语导读学习报告相关答案


2.请参考一下别人写的。现在外语专业大学生要求读30本原著的小说。不知阁下读过多少了?川端康成「雪国」を読む というあまりにも有名な出だしで始まる「雪国」を読んだ。鲜やかな书きだしである。思わず目の前に雪野原の风景が広がる。别天地に来たようだ。私もある冬、清水トンネルを越えたとき実感した。まさにノーベル赏作家の文である。 「雪国」を最初に読んだのは大学生のときであったが、そのときは主题も物语性もないあいまいな小说だという印象をうけた。诗といっていいのかもしれない。雪国という场所自体がはるか远い、异次元の世界のことのように思えた。 最初に読んでから30年近くたって、再び読んでみると、やはりあいまいなものを感じた。だが今回は読んだ后、なぜか郷愁に似たなつかしさを感じた。 はたして、川端康成はこの作品を通して何を言いたかったのか、もしかしたら、そのような问いが无意味な小说なのかもしれない。やはり诗なのか。 何よりもこの小说をあいまいなものにしているのは、岛村であり、そして叶子である。岛村はこれといった生业についておらず、舞踊についての翻訳をしてそれを自费出版するような人间である。亲から受け継いだ资产があるから生活の心配はいらない。妻子はあるらしい。东京のどこに住んでいるかはわからない。夏目漱石のいう高等游民みたいな生活を送っている。いろいろなところを旅行して、そして、雪国でたまたま出会った驹子といい仲になって、それから雪国に通うようになる。1年に1回、七夕の日に出会う牵牛星と织女星のようなものだ。 「雪国」は叶子で始まり叶子で终わっているといってもよい。その叶子とは何ものであるのか。最后まで読んでも、驹子と叶子の関系はあきらかにされていない。叶子と驹子と驹子の师匠の息子と三角関系にあったようでもあるし、そうでもないらしい。不思议である。叶子は実体がないのに、その存在感は圧倒的である。叶子がこの「雪国」の主人公といっていいくらいだ。事実、岛村も叶子に惹かれていく。岛村と叶子は関系をもったのか、その描写はないがあってもおかしくはない。驹子は现実的な女として描かれている。驹子には生活の臭いがし、そして体を张ってお金を稼いでいる。酒の臭いがぷんぷんと漂ってくる。ところが叶子には驹子が放つような臭いがない。叶子の全存在はその声にあるといってもよい。小说の冒头、岛村の乗った汽车が信号所にとまったとき、岛村の前のガラス窓を落とし、「駅长さあん、駅长さあん。」と远くへ叫ぶ娘がいる。その娘が叶子なのである。岛村にはその声はとてつもなく美しいものとしてかれの脳里に残る。 叶子の声が作品の中で何回となく涌き上がってくる。叶子は悲しいほど澄み通って木魂(こだま)しそうな声で歌う。蝶々(ちょうちょう)とんぼやきりぎりす お山でさえずる 松虫铃虫くつわ虫 そして、叶子は手鞠歌も歌う。???? ???? 里へ出て见たれば 梨(なし)の树(き)が三本 杉(すぎ)の树が三本 みんなで六本 下から乌(からす)が 巣をかける 上から雀(すずめ)が 巣をかける 森の中の螽★(★は虫に斯)(きりぎりす) どういうて啭(さえず)るや お杉友达墓参り 墓参り一丁一丁一丁や 叶子は何かの象徴なのだろうか。その声といい、そしてその死といい人间离れしたものを感ずる。 叶子の象徴性を考えているとき、大学时代にきいた文芸评论家の奥野健男の讲演を思い出した。讲演の中で、奥野健男は川端康成の「雪国」に触れ、実际に川端康成と话したときのことを语ってくれた。川端によると「雪国」というのは「黄泉の国」で、いわゆるあの世であるらしい。 「雪国」があの世であるというのは何となくわかる気がする。岛村はこの世とあの世を交互に行き交い、あの世で驹子と会うのである。驹子とはあの世でしか会えないし、この世にくることはない。岛村と驹子をつなぐ糸は岛村の左手の人差指である。岛村が驹子に会いにくるのも1年おきぐらいというのも天の川伝说以外に何かを象徴しているのだろうか。 とてつもなく哀しく、美しい声をもつ叶子はさしずめ神の言叶を语る巫女なのか。その巫女の语る言叶に岛村は敏感に反応するのだ。もしかしたら叶子は神の使いなのかもしれない。 驹子は叶子に対して「あの人は気违いになる」というのは、叶子が神性を帯びているからではないのか。 日本人とって、あの世とは无の世界ではない。谁もが帰るべき、なつかしい世界である。あいまいな小说「雪国」がなぜか私になつかしい思いをさせるのはやはり「雪国」が黄泉の国だからなのだろうか。


了解更多日语导读学习报告类似问题


学习的日语是啥
零基础学习日语,要多长时间能听懂动漫?
如何学习日语的技巧
日语学习难还是英语学习难
太原日语学习机构

本文来自网络,不代表日语学习网立场,转载请注明出处:https://www.xxriyu.com/ryjc/5003.html
上一篇
下一篇

发表评论

邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注

返回顶部