日语学习网 日语入门 日本历史日语论文

日本历史日语论文

日本历史日语论文相关的问题在www.xxriyu.com中共找到2条,更多内容,请查看《日本历史日语论文》 解答.日本历史日语论文 可以帮助您下??载cinii日本国立学…

日本历史日语论文

日本历史日语论文相关的问题在www.xxriyu.com中共找到2条,更多内容,请查看《日本历史日语论文》

日本历史日语论文插图1
解答.日本历史日语论文

可以帮助您下??载cinii日本国立学院的论文

食文化について 中国で「ご饭食べました?」は挨拶言叶です。 亲しい者同士が食事时に顔を会わせれば「ご饭食べました?」と言う言叶がごく自然に出て来ます。 ある意味では、日本人の「いいお天気ですね」と同じです。 しかし、この挨拶言叶というものはその社会に入って见ないとなかなかわかりにくいと思われます。 日本语の「こんにちは」にあたる中国语は相手と时と所によっていろいろな言い方があります。 だから「ご饭食べました?」イコール「こんにちは」でもないし「ニーハオ」がイコールすべて「こんにちは」でもありません。 「ニーハオ」がれっきとした中国人同士の挨拶言叶であることは间违いありませんが、ただどちらかといえば少し「よそゆき」の言叶であって、亲しい者同士ではあまり日常的には口にしません。 これは日本语の「こんにちは」にしても同じ事ではないでしょうか。 例えば、同居している家族同士が顔を会わせたとき「こんにちは」とは言わないでしょう。 中国でも色々な言い方がありますが、この「ご饭食べました?」というのも、ごく自然な挨拶の一つなのです。 そして、こういう挨拶がすんなりと出てくるところに、中国人の「食」に対する関心の深さがあらわれていると思います。 関心と言うよりはもっと强い、品よく言えば「食愿望」であり、下品に言えば「食への执念」でしょう。 そこからごく自然に生まれてきた言叶ではないでしょうか。 勿论食へのこだわりは中国人だけのものではないでしょう。 日本でもこのごろは「グルメ」ばやりで、テレビでも料理番组がしょっちゅう流れています。 でも日本人の「グルメ」なるものはきわめて趣味的であり、どこかひ弱な感じがします。 舌先だけの事であり、口先だけのことではないでしょうか。 そこへいくと中国人の食意识はもっと根强く、生活であり、全身全霊がかかっていると言ってもいいのではないでしょうか。 中国人のそのものさしを理解するためには、その「食愿望」を知っで贳わなければならないと思います。 なにしろそれは昨日や今日のことではなく、ラーメンの広告ではありませんが、大袈裟に言えば四千年の歴史を背负っているからです。 良かれ悪しかれ中国は伝统の力がことのほか强いと思います。 とくにこの「食愿望」は遗伝因子がかなりのウェイトを占めていると思われます。 「酒池肉林」と言う言叶は日本でもよく使われるようですが「酒の池」「肉の林」といった発想がすさまじい「食愿望」を示しています。 「酒の池」というのは日本にも「养老の滝伝説」があるようですが、皮を剥いたままの肉块がズラリとぶら下っている「肉の林」が愿望であるという事になると日本とは执念の度合いが违うのではないかと思われます。 中国の「美味追求」はあまりにも有名です。 なかには文献や话の上だけのものありますが、「熊の掌」、「ラクダのこぶ」、「蛭のスープ」と発想自体が饱くなき食愿望の产物です。 勿论、だれもがゲテモノを好むわけではありませんが、広州の蛇料理などは日本の鳗以上の市民権を持っていると言ってもよいでしょう。 「四つ足のものは机以外、飞ぶものは飞行机以外、水中のものは潜水舰以外なら何でも食べる」と言われるほど材料が多彩なこともさることながら、彻底的に凝った料理法も中国料理の特徴でしょう。 例えば、前记の「熊の掌」は熊の右手を粘土で包んで焼き、毛をむしる、そして三日三晩、薬草を加え汤を変えては煮上げます。 日本料理も凝っていると言われますが、それはむしろ食べるより目で眺めて楽しむと言う芸术品の世界ではないでしょうか。 そこにいくと中国料理はタップリ感いっぱいの御驰走なのです。 日本でも鱼の活き造りは头ごと食卓に出てきますが、动物は出てきません。 だが中国の场合、例えば、北京ダッタは、はじめに顽の部分を主宾にささげます。 これは最大の敬意をあらわしています。 ブタの头も御驰走です。 まるごとというのは材料を无駄にしないという経済牲だけでなくタップリ感、コッテリ感とも関连があると考えられます。 「満汉全席」と言う名前のついたコース料理がありますが、これは王室の宫廷料理から民间に広がったものです。 満州族と汉民族の料理の粋をあわせて作ったもので、その品目の多い事まさにタップリ感の粋であろうと思います。 これに対して日本料理はよい素材を选ぶ事と、素材の味をうまく生かすところにあるのではないでしょうか。 だから新鲜さとかどこでとれた素材であるとかどんな季节にとれるものであるとかといった事が非常に问题になるようです。 例えば、「今日向かいの海からあがったばかりの鲷」だとか「さっき里山で掘ってきた笋」といった具合に材料の持っている味をそのままいかして使うことが大切な事とされているようです。 あとは包丁さばきのよさとか、目を楽しまさせてくれる器や配色のよさなどで料理人の腕の违いのみせどころという

本文来自网络,不代表日语学习网立场,转载请注明出处:https://www.xxriyu.com/ryrm/4090.html
上一篇
下一篇

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

返回顶部