日语学习网 日语入门 日语茶道论文大纲 日语专业见习论文

日语茶道论文大纲 日语专业见习论文

文章目录 一、日语茶道论文大纲最佳答案 二、日语茶道论文大纲相关答案 三、日语茶道论文大纲类似问题 关于日语茶道论文大纲最佳答案 1.日本茶道から见た日本人の「和」精神Ⅰ…


关于日语茶道论文大纲最佳答案


日语茶道论文大纲


1.日本茶道から见た日本人の「和」精神Ⅰ 序论茶はアジアに生まれ、アジアが育てた伟大な饮みものである。文明社会に知られるようになってからの歴史も、コーヒーに比べるとははるかに古く、またそこから生まれた生活文化の多様さも、はるかに広いものがある。中国から日本にもたらされたお茶は、ただ饮むことから、礼法?作法をもった茶の汤へそして茶道へと独自の発展を遂げてきた。お茶は日常生活に欠かせない憩いを与え、人の心を豊かにしたのである。そして人间としての折目やけじめを教える働きのあるものなのだ。 茶の汤に道を求めたのは日本人の英知であるが、とくに禅とのふれ合いの中で道は深まり、「茶禅一味」「和敬清寂」の精神が强调されるようになった。 茶の汤は、长い间日本人の心の中の「和」文化に深く根をおろし、はかり知れない影响を与えてきた。実は日本人には、日本人ならではの文化があり、その文化は日本人が思わず知らず话したこと、あるいは行动したことなどいろいろなところからも见られるのである。たとえば日本人の独特な文化である「和」精神は日本茶道に大きな影响を及ぼしてきたと思われる。日本茶道にに関する本を调べると「和」精神という言叶がよく出てくるが、日本茶道における「和」精神を総括した本はまだ见つかっていない。中国の时事出版社が出版した「中国世界茶文化」の中の日本茶道についての绍介もそうである。日本茶道の绍介は隅々まで触れているが、日本人の「和」精神に関するものは少なく、简単な绍介だけの话が出てきただけである。実はこの本に书いてある亭主の作法、客の作法などから见ても日本の茶道は日本人の大切な茶道文化―「和」精神の影响を受けてきたということが分かる。ここで日本人の「和」精神について详しく検讨し、その形を分类し、茶道のどの面からその精神が见えるのか、あるいは「和」精神が日本茶道にどんなに大きな影响をもたらしたかを论じることにする。日本人の「和」の精神は対象によって大きく二つ分けられ、一つは人と人との「和」精神で、二つは人と大自然にとの「和」精神である。ここで人と人との「和」精神は主に亭主と客の间のすでに决まった作法から论じ、人と大自然との「和」精神は日本の茶室、茶道具から论じる。Ⅱ 本论2.1 日本茶道の歴史について平安时代に中国から日本に伝われてきた茶道は初めは贵族や武士、僧侣など上流层に属するもので、あまり広がっていなかったのである。安土桃山时代になり、织田信长がお茶を特别なものととらえ、武士の间でのみ精神を落ち着かせるために使用していなかった。しかし,信长の家来だった豊臣秀吉は茶室を政治の场に利用し、多くの人に茶の世界を広めて行った。二人とも武士道の精神のために茶の世界を利用したのですが、信长はその世界に壁を作り、秀吉は広めていった。そして二人の茶道指南役だった千利休によってさらに亲しみやすいものへとなって、民间にも普及し、日本の伝统文化の体表として今日に至っている。2.2 日本茶道の提唱する「和」の根本精神茶道の提唱する根本精神は、「和」「静」「清」「静」で、千利休の集大成である「侘び茶」精神の「四谛」とも「四规」とも呼ばれ、「侘び茶」を代表するもっとも简洁な言叶として、今なお人々に常に口にされている。「和」とは、お互いに心を开いて仲良くする(调和する)こと。「敬」とは、互いに敬いあうこと。「清」とは、目に见える部分と同时に、心の中も清らかであるということ。「寂」とは、茶道の美意识を支える「わび?さび」。ここでは日本の茶道からみた日本人の「和」の精神を论じようとしている。日本人の精神は、しばしば「和」の精神といわれている。「和」の考え方は、圣徳太子の十七条宪法に书いてある。 そのなかの第一条と最后の第十七条にあらわれている。十七条宪法の第1条は、「和を以て贵しとなし…」という言叶で始まる。「和」を说く条文が最初に置かれていることから、圣徳太子が、いかに「和」を重视していたかが分かった。「和をもって贵しとなす」は、お互いに协力することが大切だということである。 みんなで仲良く话し合えさえすれば、ものごとは必ず道理にかない、必ず成功するということである。 仲良くすることが最高の姿なのである。 善悪は関系なく、みんなで决めたことが最高の「善」なのである。最后の第17条には、「独り断ずべからず。必ず众とともに论ずべし」と记されている。つまり、「重大なことは一人で决定してはならない。必ず多くの人々とともに议论すべきである」という意味である。これは第1条に通じるものである。今の社会は自分の意见を主张することが求められている社会で、私が、私が、となっている。しかし本来の日本の文化は谦虚な世界である。确かに、自分の意见を主张することも今を生きる私たちには大事なことだが、今だからこそ、他人を大切


关于日语茶道论文大纲相关答案



了解更多日语茶道论文大纲类似问题


战后日本经济发展日语论文

日语茶道论文大纲 日语专业见习论文插图1
本文来自网络,不代表日语学习网立场,转载请注明出处:https://www.xxriyu.com/ryrm/4675.html
上一篇
下一篇

发表评论

邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注

返回顶部