日语学习网 日语入门 悲伤日语文章阅读

悲伤日语文章阅读

文章目录 一、悲伤日语文章阅读最佳答案 二、悲伤日语文章阅读相关答案 三、悲伤日语文章阅读类似问题 关于悲伤日语文章阅读最佳答案 1.暖かい雨 二月に入って暖かい雨が来た…


关于悲伤日语文章阅读最佳答案


悲伤日语文章阅读


1.暖かい雨 二月に入って暖かい雨が来た。 灰色の云も低く、空は昙った日、午后から雨となって、遽(にわ)かに复活(いきか)えるような温暖(あたたか)さを感じた。こういう雨が何度も来た后でなければ、私たちは譬えようのない烈しい春の饥渇を癒すことが出来ない。空は烟か雨かと思うほどで、伞さして通る人や、濡れていく马などの姿が目につく。単调な轩の玉水の音の楽しい。坚く缩こまっていた私の身体もいくらか延び延びとしてきた。私は言い难き快感を覚えた。庭に行って见ると、汚れた雪の上に降りそそぐ音がする。屋外(そと)へ出て见ると、残った雪が雨のために溶けて、暗い色の土があらわれている。田畑もようやく冬の眠りから覚めかけたように、砂まじりの土の顔を见せる。黄ばんだ竹の林、まだ枯れ枯れとした柿、李、その他眼にある木立の干も枝も、皆な雨に濡れて、─趣郡胜で蓼埭鳖啢颏筏皮い胜い猡韦悉胜ぁA鳏欷我簟⑷袱紊猡胜螭趣胜枤荬寺劋长à皮搿I.xの桑の根元まで濡らすような雨だ。この泥泞(ぬかるみ)と雪解けと冬の瓦解(がかい)の中で、うれしいものは少し延びた柳の枝だ。その枝を通して、夕方には黄ばんだ灰色の南の空を望んだ。夜に入って、寂しい暖かい雨だれの音を闻いていると、何となく春の近づくことを思わせる。 岛(しま)崎(崎) 藤(とう)村(そん) 「千曲川(ちくまかわ)のスケッチ」 作者绍介: 岛崎 藤村(1872~1943)诗人、小説家、本名春树。长野県の生まれ。明治22年目明治院を卒业。卒业后しばらく横浜の雑货店を手伝うが性に合わず、同年九月「女学雑志」の编集に携わり文学の道を歩み始めた。诗人藤村の诞生と日本近代诗の开幕を告げるのは、「若菜集(わかなしゅう)」の刊行によるものであるが、そしてまた、诗人から小説家への転身の帰结は「破戒」の発表による者であろう。藤村の文学は明治、大正、昭和にわたり执拗に自己を追求したものであり、森鴎外、夏目漱石のそれと并んで、日本近代文学史に辉かしい位置を占めている。つまり、藤村は、诗人として近代诗の确立者であり、小説家として近代小説の展开を身をもって図った。「破戒」は本格的な自然主义小説の代表であり、「家」は自然主义の到达した顶点であり、「新生」は告白小説の典型であり、「夜明け前」は歴史小説の亀鉴(きかん)である。


关于悲伤日语文章阅读相关答案



了解更多悲伤日语文章阅读类似问题


家庭日语文章
中级日语阅读文章
日语书法文章

本文来自网络,不代表日语学习网立场,转载请注明出处:https://www.xxriyu.com/ryrm/8865.html
上一篇
下一篇

发表评论

邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注

返回顶部